ジョエル・キャリントン

コントラバスの歴史を勉強する者は楽器革命を決定付ける2つの基本的な要因がすぐにわかるでしょう。 まずは作曲家の影響と低音のドのドライブへの影響です。その他、弦の製造テクノロジーで音程はその時代の原材料で達成されるものでした。今世紀のコントラバスの役割に関して1850年以前について何が起きていたかがわかります。

長年にわたる低音のドを見分ける多様な方法の実現:

  • 5番でコントラバスを調律 (CGDA)
  • 5弦コントラバス使用 ((B)CEADG)
  • メカニカルデバイス使用 (C エクステンション)
  • 4度下げてコントラバスをチューニング (BEAD)
  • 下弦のスコルダチューラ奏法 (チューニングから)

5番でのチューニングに関して、ポール・ブランが彼の本[1]『コントラバスの歴史』の中で書いたことを考えよう:
5弦チューニングは論理的で合理的で、18世紀末に既に拒否された指使いの困難さを引き起こしません。 パリ音楽学校の教授、バセッリによって1895年に再び試験されました。 このチューニングシステムを採用するよう、他のコントラバスプレイヤー数人を説得しましたが彼の死後すぐに禁止されました。 ドイツで、ピアノメーカーとコントラバス奏者のグスタフ・ブッシュマンが5番チューニングでコントラバスを再導入しました。 ワーグナー、フォン・ビューロー、ニキシュの励ましにも関わらず、指使いの問題で諦めました。

5弦チューニングでのテクニカルな難しさは、楽譜を持たないジャズミュージシャンにそれほど重要なことではありません。 なので最終的にこの方法に落ち着いたコントラバス国際社会のニュースレターで説明した、アメリカ人のレッド・ミッチェルのようなジャズべーシストがこの調律を使用します。理由は、エクステンションや5弦楽器のぎこちなさなしに、低音のドを獲得する一番自然は解決法だからです。 彼によると小さなインターバルでいくつかの簡単に演奏する開放がなくなった際、5番チューニングが10番のような特定のダブルストップを演奏するのをより簡単にするとのことです(特に2番と3番)。 音階的楽句は弦を上に向かって演奏され、このチューニングでは位置のトライアドを開くように促します。

イタリアの巨匠、イサイア・ビレはコントラバスのEADGタイプより、この調律の仕方は”振動の中でより格調高く、豊かでアコースティックで道徳的な進行ないでよりパーフェクトだ”と言っています。 しかしながら彼は頻繁な左手へのシフトしながらの、その調律法を拒否しました。

ビレは明らかに5番の正しい理解をしていましたが、失礼にはなりますが”頻繁な左手へのシフト”というのは間違いです。論理的にはプレイヤーとしてこのように仮定し、よりセンシティブになると思い、キーワークが演奏されるのは自然です。しかしながら現実はシフト内での僅かな増加に過ぎず、私の意見では”頻繁な左手へのシフト”で5弦の演奏ができない理由に成り得ません。 私はこのように捉えます: 5弦での演奏は強固に開発するテクニックが必要です。 例えば律儀な指使いのシステム”a la Simandl”を使用するプレイヤーは時々困難が圧倒的だと思ったり、大変リアルな脅迫を被害だと感じます。 楽器の全ての位置と弦で演奏するすることは絶対的なアドバンテージです!

解決策を手探りすることは5弦チューニングの魅力的な局面で、時々応えが教えられたことから削除される答えのため、報いがあり面白いものになります。 私は低音のドを獲得するためにこのチューニングを始めたことを言及したいのですが、私が知っていたことを再度習得することがいかに困難かわかった後でも継続した理由ではありません。 (確かにいかに音楽を読むかと再度習得するかは最も困難なパートでした。 現在はピッチで演奏します。)いいえ、私が継続した理由は私のキャリアで最初のことだったので、他のオーケストラ楽器と特に他の弦楽器のイントネーションを理解していたからです。 常に私は特にピアノなど”調律された”イントネーションを演奏しておりました。 しかし突如として、ハーモニーの機能から決定されるイントネーションを持ち、それ自身に応答する楽器を始めました。そして私に開かれた全く新しいイントネーションの世界だったのです。

5弦チューニングで弦を取得する多くの方法がありいくつかの会社から専用のセットが出ています。 ピラストロはオイドクサのガットストリング同様、5弦用の”オブリガード”ブランドセットがあります。 現在私はオーケストラ演奏用にオイドクサを使用しています。 温かみのある、クリアな歯切れの良いサウンドを奏でます。

ジェロルド・ゲンスラーはガットラインで”ソノア”レッドラベルシリーズ同様の5弦セットをハンドメイドしております。 トーマスティックは”レッドミッチェル”セットを所持しています。このセットの下2弦はオーケストラの設定で非常に良く機能してくれますが、”スパイコアの弦と特にピッチカートに合います。 ソロ演奏にはトーマスティック社の”ドミナント”を楽しんで使っています。上の2弦にはオイドクサまたは下弦にはゲンスラーを使用しています。

異なる会社からのものをミックスして合わせることも出来ます。そのためには以下のものが必要です:

  • 1st- (A) ソロセットからの1番
  • 2nd- (D) オーケストラから2番
  • 3rd- (G) 4th! ソロセットより (F#)
  • 4th- (C) 5th! オーケストラセットより

This post is also available in: 英語, フランス語, 簡体中国語